7月11日

映画なんか毎日でもみたくて、毎日でもつたやに行って、毎日でも2時間くらい見たい映画を選びたい。2時間くらい選ぶ事なんて昔はよくあって、この時間あれば一本見れたよな、しかもそれで借りないで帰る事も多々あったり。映画選びは直感で!そしてこの絵のように美女でもはびらかせてワインでも飲みながら「いいだろ〜、この映画〜?」って何度もしつこく聞いたりしても「いいわ〜この映画〜」って言われたり。あ、なんの話だ?現実は娘も嫁様も寝静まった夜中に一人でビールぽくぽくでイヤホンで小さくなってみる。そして酔っぱらって途中で寝るという残念な映画ライフ。最高の真夜中ライフ♪

 

7月10日

人生なんてあっちいってこっちいっておっこってあがってさがってのぼってぶつかってないてさけんでおこってわらってころんでおきあがって。そんな事を言うのかな。人生終わった後の軌跡なんかきっとこんなわけのわからないぐちゃぐちゃの軌跡なのかもだけど、そんなことはどうだっていいのだ。人生ってさ。自分は最後自分が死んでしまう時何が待っているんだろうってわりとわくわくしながら死を待てるような気がするのです。一番好きな音楽を聴きながら一番好きなビールを飲みながら、最後はぽくぽく縁側で♪

 

7月9日

キッチンドランクを始めた気持ちのいい一杯。その直後あしながばちが現れて。よゆうだよ〜って穴の開いた付近で摘んで外に逃がそうとした時親指に電流1万ボルトが。←大げさ。急いで口で毒を吸居ながら対処法をネットで調べると、「口では絶対吸わないでください」…「口では絶対吸わないでください!」ここでわたしのその日のパーリーは終了しました。アレルギー体質な自分は慎重になったけど、何より痛みより何よりその日その後酒喰らえなかった事の方がよっぽど痛い。という話でした。生まれて初めて刺された親指は、数日経ってもまだ腫れたまま。

 

7月8日

ざっばーん。

ざっばーん。


7月7日

最近はすっかりトマトソースパスタに再燃。色んな期を過ぎて現在はタマネギじっとりシンプルソースに落ち着いています。ニンニクとチリをオイルでじっくりしたあと塩と胡椒とオレガノとタマネギ大きめ一個をくし切りにし一時間フタをしてこれまたじっくりと炒め煮に。トマト缶1個を入れてさらっとかき回してバジルを入れて一煮立ち強。塩で整えて完成!塩は断然自然塩で。うまみたっぷりの海の晶がさいこうです。麺は細めの1.5mmくらいのスパゲッティー二がおすすめ。バケツ一杯たべたいものです。

7月6日

葛飾北斎先生の有名な「冨嶽三十六景」神奈川沖浪裏。をよく見て描きましたがなにか?嗚咽。葛飾先生の作品は見れば見るほど新しいなって思う。当時どんな生き方をしたらこんな表現ができたんだろうか。ビール飲もうって思いました。

7月5日

芸人が芥川賞を獲り時の人となったまたよし先生。もう先生だもんね。世間では芥川賞と本屋大賞をごっちゃにしてるのでは、と囁かれているけれど、ま、そんな外野の声は気にしなくていいしきっと気にしてないでしょう。そしてまたよし先生は純粋に楽しい事をしていたら賞がもらえた。そんな気がする。自分の肩書きに自分で捕らえられる必要は全くないし、それは大きな勘違い。楽しいと思ったら迷惑かけようとやればいい、夢中になれるなら迷惑にならないと思う。そしてわたくしの押し入れの奥から「あなたも芥川賞が穫れる!」という本が出て来た事はここだけの秘密。その本はそっと奥にまたしまいました。

7月4日

最近の我家での一番ホットな話題は扇風機。あの羽がぐるぐるーって回って風がひゃーって届くもの。こんな単純な物なのに今じゃ何十種類も置いてあるのね。なんだかんだ選んでいたら3万円もする「なんたらかんたらって扇風機どうかな?」「それいいね、色は?」と完全に見失ってしまった。せ、せんぷうきにさんまんえん!って!「電気が無かったら勉強できなじゃないですか!」と憤った黒板純に謝りたい。頭を冷やし結局セールの5,980円のDCモーター扇風機を購入。もうそれで文句なし、静かだし電気代安いし涼しいし。昔から扇風機は形こそ変わらないのに中身は大きく違うのね。

7月3日

SWITH 5月号で特集された「ジャズタモリ」タモさんのジャズ特集。の雪景色の中で吹くトランペット姿のタモさんの表紙がすばらしくかっこよかった。かっこいいね〜。

http://bit.ly/1TFQH3d

7月2日

なーーーー。

7月1日

ご近所さんお友達から頂いた話題の稲豊園さんの「猫子まんじゅう」ちょっと食べるのに抵抗いるくらい魂やどっちゃってるこの表情。ある意味彼らもマッドマックス。しかし食べればしっかりおまんじゅう、しっとりおまんじゅう、とても美味しく頂きました。つぎはどのニャンを頭からかじるかね。

6月30日

前評判バンバン高いと言われている「マッドマックス」ご高覧。もう評判通りのリアル北斗の拳はご承知の上ですが、バイオレンスと気違いアクションの連続でもう開始10分で胸焼けが。あとはひたすら喉に詰め込んで食べきりました。普通のアクションなら「えー!、えー!」くらいが「えー!!えー!!えー!!×10」っていつ口閉じたら良いかわからないくらい。そしてしみじみ感じたのが登場人物が全員全開必至で生きていた。車が爆発しても走り続け死ぬとわかってぶつかって、おもいくそぶっとばされても唾を吐き、泣いて叫んでころがって!」あーあたしゃなんて生温く生きているんだこと。と映画そっちのけで反省する。そしてまさかの最後泣きそうになる。暑さも吹っ飛ぶよっ。

6月29日

ゔぇ!こ、こいつロ、ロディじゃねー!

近所のリサイクルショップで600円の値札をつけてこちらを潤んだ瞳で見つめるロディ、いやいやロディじゃねーやつ。ロディーだ!ってろくに実物もしらないくせにはしゃいで片耳掴んでレジに放り投げたわし。ずっとロディだと思って娘がいつ乗れるのか楽しみにしていたこいつは、偽物。600円で得したつもりが、偽物。そ、そんな目で見やがって、偽物だからって大事にしてやるからな。

6月28日

とっても物を良くなくすのだけど、そのひとつのこのリップクリーム。これは誰でもなくすと思うし、その度に誰でも買うと思う。やっぱり必要なとき来れないと心もすさむよね。だから買うんだけど、また無くすよね。そんで気がつくと無くなった物が見つかって集まって来て、机の引き出しにみっつもよっつもたまるよねー!!あのこんなに買った。という残念さと、あのもう買わなくて良い。という安心感。ねえ誰か頭のいい人、この5ぶんの1くらいの大きさで発売してください。どうせ無くすので、ね。←ねじゃねーよ!

6月27日

とっても物を良くなくすのだけど、そのひとつのこの6連のぺりって取ると、またぺりって取れやすいようにセットしてくれるとっても便利なPost-it!  誰か頭のいい人、これなくならないような物に改良してはくれないだろうか。おまえの頭を改良しろ。って声が聞こえてきそうだけどね☆ ←ほしじゃねーよ!

6月26日

夏と言えばジブリ、ジブリと言えば自分の中の王道はやはりラピュタ。

中学2年生の時映画を見て、感動しすぎて夏休み中ぼ〜っと天井だけを見て過ごした事はここだけの話。


「バルスっ!」


なにもおこらなかった。

6月25日

娘はわきを持ってそれーそれーと上げたり下げたりすると必ず笑う鉄板ぷり。こまったらそれーそれー。

6月24日

いっちにっちいっちまい、みいっかでさんま〜い、さんまいかい〜って、2日やすむ〜♪なんてペースで描いたり休んだりしていたらこのひめくりさんシリーズ、1ヶ月ちかく日にちを溜め込んでしまって今猛烈に描いていて毎日何枚も更新してごめんなさい!ってほどごめんとは思ってないけど、まぁ、そんなこんなも楽しんでます。若い頃のチーターは、そもそもなんでチーターなんだ??昭和まっただ中な自分でもよくわからない。けどこの365歩のマーチが良い唄なのはわかってる。そしてかわいい。あせらないでか〜こ〜お〜。あと訳半年描ききろう。ってことで今までで一番派手な絵になりました。

6月23日

カバだね。いわゆる、カバだね。

6月22日

嫁さまの友人がくれた昔ながらの「からんからんからん♪」となるおきあがりこぼし。というのか?かわいい少女のモチーフで、これって昭和中期のおもちゃだったような気がするけどどうなだろう。なんかすごく懐かしい気もする。ま、自分で昔ながらと言っているから昔から知ってたんだろうね。

からんからんからん♪

6月21日

バグダッドカフェづいているのか、なんだかこんな風景が染みてくる。たぶん一生行かないんだろうなって思いながら描いたけど、けっこうそうやって欲を手放すと実現したりして。

欲ね。

6月20日

近所のBookOFFが完全閉店するという事で在庫が激安とのこと。それでこのハンスシルベスタさんという写真家の猫の写真集と、10年ほど前のCoyoteを2冊レジに。このころのCyoteを見るとふんだんにイラストが使われていた。今こんなにイラスト使う雑誌なかなか無いと思う。景気が悪いというだけではないような気もしてしまう。。。

 そしてレジでは「今4冊で100円になりますが他の本も選びますか?」ときかれたので「いいです」と答えました。

6月19日

もう一枚バグダッドカフェ。とってもすばらしいシーン。けど描き方が下手でミランダの顔が…。この絵と違って本作はほんとうにすばらしいです。

6月18日

忘れられない映画のひとつ。監督のパーシーアドロンが再編集したNew Directors Cut ブルーレイ版。多少ざらついた映像ではあるけどとっても奇麗にこの世界観を味わえるのはとても嬉しい。主題歌のcolling youがかかる夕暮れのシーンは胸が重苦しくなる人多いのではないでしょうか。

6月17日

街を描こうよ。子供の頃家の前のちいさなアスファルト道をべりべりべりってめくり返したら、カブトムシの幼虫が沢山居ると思ってた。そんなわけないよね。どうかしてるよね。

6月16日

部屋にあったCDジャケット。

川の向こうの山景色がいいね。

6月15日

な〜〜〜〜〜ん。

な〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

6月14日

なぜかふとシザーハンズを思い出す。もう25年くらい前の映画なんですね。もしビールか映画どちらか辞めろと言われたらビールを辞めます。くらい映画は好きだし、だからといって見る映画は一般的な物ばかり。一番好きなのはなんといってもバグダッドカフェ。

主題歌のcalling youを聞くといつだって泣けると思う。自分が最後縁側でビールを飲みながらぽくぽくぽっくり逝きたいのだけど、その時はcalling youを聴きながら人生のエンディングを迎えたい。迎えたい。


あ〜あ〜あ、こ〜〜り〜んゆ〜〜♪

6月13日

いい感じにスイートスポットが出ているバナナが食卓に出て来たのでかしゃっと撮ると娘の手も。赤ちゃんの手首ってハムだよね。

6月12日

友人から借りた赤ちゃんお風呂グッズのスイマーパ。首につける浮き輪でお風呂でも自分でぷかぷかできるというもの。娘もぷかぷか楽しそうだけど、いかんせん家の浴槽が小さすぎる!大家さんからはどんなリフォームしてもいいと言ってもらえてますが、さすがにお風呂はできましぇん。うみちゃん大きくなって大きなあなたの名前の海でぷかぷかしましょうね。友人へ。ありがとう!うちではちょっと持て余すようです。近々お戻ししますね。

6月11日

もう25年ほどバイクの世界選手権を見続けています。その中でも抜群の存在感と抜群の成績と抜群のイタリア人特有のチャーミングさを持ち合わせたバイク好きなら誰もが知るであろうバレンティーノロッシ!

もう彼が走るだけでグランプリの空気はがらっと変わるのです。

今年グランプリ最年長ながら今年もチャンピオン筆頭のランキング一位!すごい!そして今年のレースはロッシ完全復活のおかげですこぶる面白い。開設の宮城校長も得意のフレーズ「ほんっとに!」が何度連発される事か。まだシーズンも半分に来た所。目が離せませぬ。http://www.valentinorossi.com/

6月10日

今朝届いたMUJIのe-ad 無印はとっても好きだけど、家の中が無印だらけになるもの嫌なので、その頃合いがむつかしいのね。いつか無印の仕事してみたいわ。

6月9日

3日間のEXPO終わりました♪この英語合ってるのか?今回も沢山の方から声をかけて頂いて、うまく行けばまだまだイラストレーターとして活動できそうな予感が得られました。またリポートを書こうと思います。参加された方々、見に来られた方々お疲れさまでした。そしてこの日めくりカレンダーシリーズの日付がなんの役にも立たなくなってるこのごろです。当初は日付通りUPして見た方がカレンダー代わりに見てもらえたらと思ってました。いや思っていただけでしたね。これからもこのシリーズもよろしくです。7/4日より。

6月8日

ほんとうに、ほんとうに買ってよかった物の中で、このアーロンチェアはもう必須ですね。これが無いと長時間の仕事には堪えれまへん!がな。

6月7日

北川景子。に見えるか見えないかじゃない。見るのだ。

6月6日

またまたにゃーん、またにゃーん。

6月5日

偶然見つけたDUVELのグラスセット。ビール大国のベルギーはBARでみんなこんなハイリカービールを飲みながらがつがつご飯を食べる。

500mlは入るのではないかという大きな口細グラス。おりがあるので最後の1cmは注がず残してくださいと。やだね。と全部飲んだけど苦いのなんのって。取扱説明書はしたがったほうがいい。にしてもアルコール度数8.5%。ぐびぐび飲んだらひゃー酔う。

6月4日

家を、沢山、描こう。

6月3日

かつおぶし〜、梅雨の湿気と、もんぷちくれ〜

たま尾芭蕉。

たまはかつおぶしともんぷちが大好きで。

6月2日

かつおぶし〜、梅雨の湿気と、もんぷちくれ〜

たま尾芭蕉。

たまはかつおぶしともんぷちが大好きで。

6月1日

ふ〜ん、ふ〜ん。

5月31日

どっちでもいいよね。そう、どっちでもいいのだ。

5月30日

海の中だよ。たいといかだよ。食べたいよね!

5月29日

歯、は、大事、だよ。

5月28日

らららら〜ん、ららら、ら〜ら、ら〜ら〜♪

5月27日

えんぴつっていいな〜って再確認。

5月26日

なぁ〜ん。なぁ〜〜ん。うちのねこの鳴き方。

5月25日

そのほう近う寄れ。

近いっt。

5月24日

昼、夜、ビール♪

5月23日

猫ってさ。

5月22日

アイスクライマックス。

アイスのここからって口の中がドラマティックに恍惚とするなって思う。

冷たさにも慣れてきて、でもおいしさグラフは二次的に加速する。

すべて口に放り込んで手にはアイスの背骨だけ。

おいしさと冷たさの心地よさに包まれて、お花畑が見える寸前。

当たりは要らないよ。

5月21日

波の泡。

5月20日

波間にうかぶ白い泡たち。

というとおしゃれに聞こえるけど、子供の頃から自分にはハムに見えてしかたがなかった。

波間に浮かぶ白いハムたち。

うん、これだ。

5月19日

こちらは我家の神様。赤ちゃんの寝顔ってこんな神々しいのか。ってよく拝んでます。

ぱーんっ、ぱんっ。って。

5月18日

なすの神様。いや神様って言いたいくらいなすってうまいよ。あの頭のカールはなんなのあれ?!これからの時期何度なすを食べられるかと思うと。

煮ても焼いても揚げてもいいよ君。最高です。

一番好きなのは細切りにしたなすを多めの油で炒めて醤油とみりんと酒と砂糖と水、仕上げに大葉とごまをたっぷりと。お酢をかけてもおいしいし飯何杯でも食えるよ。

もう!

5月17日

インドの神様。カーリーだって。もう画像が邪悪すぎて見るのも辛いくらい。笑

だって片手には生首もって、片手にはなんか変な形の刀もって、おまけに首にもランボーのマシンガンの弾のベルトみたいに生首付いてるし。

ま、自分もビールが装填されてるマシンガンベルトもってるけどね(夢)

しかし邪悪だと思ったら、この方シヴァ神の奥様の一人らしい。

う〜ん、二人が一緒にいたら一体なにが起こるのか。ひー。

5月16日

かえるくん。の大合唱が聞きたいけど、もう我が家の周辺ではたまに鳴き声が聞けるだけ。

かえるの大合唱が聞こえるという事は生態系が豊という事だと思うな。

子供の頃あった田んぼはもうほとんどなくなってしまった。

何かのテレビで田んぼに住む生き物を撮影してる写真家の方が山奥の田んぼで逃げない蛇をみて、ここを管理してるおじいちゃんが生き物に危害をくわえないから人を怖がらない。というようなことを言っていた。

5月15日

ひさしぶりに昼ビール。飲みたくてしょうがなくて絵が雑すぎる!

良いビール飲みましょうね♪

5月14日

ざざー、ざざざ、ざー。

5月13日

で、そのシヴァさんの子供のガネーシャさん。商業と学問の神様らしい。拝まなきゃだ。

そしてガネーシャと聞いて自分が一番思い出すのが、壮吾が女性社員を雇いたいからと温井さんに交渉したものの、この人なら。という人材を指定されるも間違えて藤子を呼び出してしまう。その交渉するためのお店で頼んだサラダが「ガネーシャサラダ」なドラマ「恋ノチカラ」なんじゃそりゃ。

5月12日

娘ちゃん。

5月11日

インドの神様のシヴァ神。インドの象徴とも言えるこの神様。頭からぴゅーって出てるのはガンジス川らしい。そして有名なのが像の顔をした神様ガネーシャはもともとこのシヴァさんの子供。たしか何かで頭に来たからと子供の首をはねたらしい。そして妻であるパールバティ。あまりに悲しくて泣き枯れるのを見かねて次に通ったものの首をこの子に授けようと。で通ったのがぞうさん。なのでガネーシャは頭が象なのです。たしかそんな話。インドの神様はどれも逸話があっておもしろい。しかしなんて乱暴な神様だろうか。

5月10日

犬のはなが娘のおもちゃをいつもさらって自分の小屋の中の奥の方に大事そうに隠す。

触ろうとすると激しく反応して渡してくれない。

の繰り返しに困り、はな専用のおもちゃを買ってあげた。

くまのくまたろう。

はなは大事そうにいつも顔のそばにおいておくのだけど、扱いが激しくてとうとう片手がもげてしまった。

おもちゃを自分の子供のように思ってるのかと思ったけど、こうなるのを見るとそれは違うのかな。


5月9日

夜の壁。

5月8日

夜の木。

5月7日

これはわるいうにょにょ〜ん。

5月6日

うにょにょ〜ん。うにょにょ〜ん。

5月5日

桜の葉。あといろいろ。

5月4日

庭のみかんの花が沢山咲いていて、部屋にまで良い香りが漂って。

5月3日

映画「インターステラー」見ました?ひさしぶりにがっつりのめりこめた大作映画。滅亡しかけた人類が人が住める惑星を探しに出た研究員を捜しに、主人公マシューマコノヒーが宇宙に旅立つという話。相対性理論を中心とした内容で惑星によっては1時間が数十年の時間になってしまったりと時間の流れを考えさせられる。でも自分はこの主人公が宇宙に行く時に娘との別れに葛藤し、宇宙へ行っても常に娘の事を気にする姿。その父親と娘の部分にとても感情移入してしまった。これは相対性理論をめぐる宇宙がテーマのSF映画。という表向きより「愛」のテーマがちりばめられた作品だと思った。さぁツタヤに行こうよ。

5月2日

交流分析の考えでは、想定内のいつも自分が自然に選択する出来事を1次プロセスという。そして全く選択しようなんて夢にも思わなかったし、思っててもどうしてもなんか心が気持ち悪くて選べない。そんな事を2次プロセスという。絵なんかまったく描こうなんて思わないし、描けるとも思わない、絵を描くなんてなんか恥ずかしい。下手だし。ってそう思うならそれは2次プロセスと言う事かな。そう思って絵に挑戦するなら今まで自分が起きた事の無いような出来事があるかもしれない。何か新しい価値観が産まれる可能性があると思う。そしてその時に大事な事は、新しい価値観が生まれても生まれなくてもどっちでもいい。と自分を許す気持ちを持って挑めたらいいと思うな。

5月1日

線を引くだけでもなんか楽しい。ちょっと斜めになってるけど、それはどっちでも良い。うん良いと思う。猫が用紙の上に吐いてしまったのでここ数枚なんかしわになってるけど、それがなんか太陽みたいだ。こんな偶然嬉しいな。自分が思っている想定内でなんかうまくいかない時って、きっと想定外の想像できない部分に大きな可能性があったりするのかなって思う。

4月30日

「おいシロー」って美味しんぼ。

たまに漫画をみて絵を描くと子供の頃思い出して楽しい。しかしこんな絵をUPするなんて前ならとてもじゃないけどできなかった。最近は自分が良ければ良いじゃん。とすごく思うようになった。まあ、一応成長と呼ぼう。きっと今まで出せなかったのは、誰かに評価される。という意識ばかりだった。もっと他人中心より自分中心になりたいものです。自己中心的とは違う自分中心。自分が楽しいんだからしょうがない。うまいか下手かを考えるのはやっぱり他人に意識がいってると思う。気持ちよく描ければそれでいい。自分の場合はね。でもこれ気持ちよく描けてるのか?笑。

4月29日

これは布に線画を描く時にいつも使う烏口。

昔烏口でイラレで描いたベジェ曲線のような奇麗な線で描かれたデザインを見せて頂いた。

それはもう惚れ惚れするくらい。

到底真似はできないけど何でも気になったら使ってみて、気になったら描いてみよう。

きっと新しい世界が見えると思う。

そもそも、自分の絵が下手なんて誰に言われたの?それは大きな勘違い。敵になった勘違いは怖いけど、味方になった勘違いは百人力。「自分絵描けますから」って高倉健さんのような口調で言ってご覧。ほらなんかかける気がして来たでしょ?

4月28日

深夜の庭からの空の風景。

何かが起きそう。

絵なんてこんなんで良いんだよ。絵心なんていらないさ。さあ、みんな絵描こうよ。

4月27日

もう15年くらいつかってるピンセット。たしか薬局で買ったような。。。とても精度も良くて使いやすい。最初絵を描き始めた時は鈴木英人さんに憧れてパントーンで絵を描いていた。細いカッターとこのピンセットでひたすら切り貼りして風景を描く。題材を探しにインドにも行ったっけ。物をなくすのが自分の仕事のようにいつも手当たり次第物を無くす。でもこれだけいつでもは必ず手元に目に入る。とくに執着があるわけではないけれど、潜在意識でこれだけは無くしたくないという防衛反応が作動するのか。どうなのか。どうなの?

4月26日

以前は使い心地も保ちも良いから本物の動物の毛、おもにイタチ系の筆を使っていたけど、たとえ副産物だったとしても少しでも生き物のに配慮したく、今はナイロン筆しか使わなくなった。ラファエロのナイロン筆を主に使ってます。すぐにだめになっちゃうし描き味もなんか違うけど自分の使い方ならナイロンで十分。副産物だったら良いというのもどこか無責任に思える。イタチは主に毛皮を取るためだけに生きたまま惨い採取のされ方をしてると聞く。生きたままの方が奇麗に楽に皮が剥げるとかなんとか。。。とても倫理観を持った人間がする行いではないと思う。そんな生き物の毛を使ってまでうまくなりたいとも思わない。

4月25日

わたしの伊豆百景(4)

伊豆からの帰りの夕方、そらの夕焼けと海の青さ。

帰りは伊東にある道の駅で寄り道。


4月24日

わたしの伊豆百景(3)

伊豆に行くまではずっと海岸線を走る。すばらしい景色。ただ走りはじめの真鶴辺りは津波防止の壁設置工事が行われていて、海が見えないような景色に変わろうとしている。不要な大義名分が振りかざされているようで寂しい気分に。

4月23日

わたしの伊豆百景(2)

伊豆といえばなんと言っても白浜大浜海水浴場。

ここの波はほんとうに分厚くて乗ってる時間が長い。って感じる。

波にぷかぷか揺られて浮かぶのって最高の瞑想だと思う。

早く水に入りたい。

4月22日

わたしの伊豆百景(1)

いつも気になってたこの入り江。

静かで優雅。

そして懐かしい。


4月21日

自由に描こう。自由に

4月20日

まくらに顔をうずめると、そこには金色にひかる鹿が居たのです。

子供の頃はよくそんな光景を見ていたな。


4月19日

きらきらひかりますように。


4月18日

そしてしばらくすると梅雨がやって来る。

雨もほんと好きだ。



4月17日

草花がどんどん芽吹く季節。

家に庭がどんどん緑になっていく。

あ〜くさかり〜。

草刈りってこんなに大変なんだって庭付きの家に住んで心に思う。



4月16日

もうこんな風景を目にしてもおかしくない季節。かな。



4月15日

葉だけになったサクラの木はみんなぴんと先を尖らせて必至に日を浴びているような気がする。


4月14日

今日は心地良いひやっとした風と、キラッとした日差しが交互に流れるそんな初夏な日。


4月13日

100年の孤独というお酒のドキュメント映像に、このお酒のファンだと言う黒田征太郎さんが蔵をイメージした立派なドローイングをプレゼントしたという内容を見る。

この時にお酒を傾けながらごりごりとクレヨンでドローイングする黒田さんがとてもかっこ良く見えて、絵も本当に本当にすばらしい。

ちょっと影響を受けてクレヨンを買ってみた。

クレパスとクレヨンの違いってわかりますか?

クレパスよりクレヨンの方が固いので線描に向いてるのだとか。

往年のサクラクレヨン。

昔からこのデザインだったけな。。。

4月12日

すたばの新商品のヨーグルトフラペチーノ。

とってもおいしかったのだけど、思ってたのとちょっとちがったな。

バニラフラペチーノみたいにシンプルなヨーグルトだったらよかったなって。

今の時期でも物足りなかったから夏にはちょっと選べないかも。

tallで620円はなかなかの値段ですよ。

4月11日

悶絶の腸内洗浄が終わりなんとか社会復活!を遂げる。

日々体の水分がとんでもない勢いで排出されて行く。

一番きつかったのは体は一切食べ物を受け付けないのに後から後から湧いてくる食欲。誤動作はなはだしい!

しかし、これほどのデトックスはないと思う。

パンツは一枚や二枚じゃ済まなかったけど、腸内の不要な物がすっからかんに出払って、なんだか体もすこぶる軽い。

新生シシドくんの出発。

4月10日

齢43を迎えようとする春まっただ中。とうとうやってしまいました。

あんな蛇口開いたような水流感知できる分けないわ。

あんな勢い良く出る腹壊しはインド以来かも。

そしてご想像は容易いかと思いますがええ、その通りです。

そよ風に吹かれたパンツとスエット。

ある意味生まれ変わった瞬間でした。

羞恥心もそよっと飛んで行ってよ。

空にはスプートニク号が飛んでいましたとさ。


春風の〜、おもらし小唄〜、聴こえるね〜♪

4月9日

昨日から激しく体調を崩す。

お腹が壊滅的。

かわのながれの〜よ〜に〜♪

と歌うのが失礼なくらいぐったりです。

と言いながらもビールを思い浮かべたり。さすがに飲みませんけどね。

明日までには復活しないと。

週末ファイト。

4月7日

思う事あり。で、猫を描く。

猫を描く時はうみでもなく、たまでもなく、なぜかボっちゃん。

そして絵にうまいもへたもないよな〜ってよく思う。

絵を描いて楽しかったらそれは上手だし、描いたのに楽しくなかったらそれは心のどこかにこうすうる「べき」のような縛りがあるのかも。

デッサンを守るべき、構図を取るべき、人に認められるべき。

自分の気持ちを満足させられたら、どんなことでもそれは「上手」なのかもね。

4月7日

板前さんってほんとかっこいいなって思っています。その2

4月6日

無印の消しゴム。

この色じゃなかったね。

次回の色選びはもう少し慎重にしましょうね。。。

4月5日

お世話になっております。

いつも板前さんってかっこいいなって思っています。

包丁を手に取り切る所などとても感動しています。

次はもっとかっこ良く描ければ良いなと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

宍戸

4月4日

この3Mのマスキングテープ。

絵を描くマスキングにはもちろん、カードを壁にはったり、料理で食材を開けた袋を閉じるのに使ったり、時には切ってしまった指などの止血にも使ったり、はったり剥がしたりが得意な優秀なテープ。

普通のデザインされてるマスキングテープはテープ自体もやわだけどこの黄色いテープはしなやかさ?と力強さ?も備える頼れる存在。

我が家では幸せの黄色いテープと呼んでます。

一束500円はとてもありがたい。

4月3日

帽子をかぶっている娘をお腹の方からたっぷりのあごとほっぺを狙ってみる。

このアングルがとても好きだけど

絵で描いたらとても不評だった。

そんな日もあるさ。

4月2日

LOBE★BEER!

豊川悦司が温泉宿の卓球台の上を飛んでいたのが懐かしい。

今夜は悦司と共に。

4月1日

オージー産のXXXXビール。

フォーエックスと読むらしい。

友人らが主催するアウトドアチーム「フォーエックススタイル」彼らの名前の発祥はこのビールからと聞く。

アウトドアをインドアで楽しむのがわたくし流。なんですかそれ?

まぁ、どんなスタイルのアウトドアがあっても良いですよね。

そしていつかは飲みたいXXXX

3月31日

GUINNESSビール。

おいしいよね黒ビール。STOUTというのかな。

炭酸もきつくないし濃厚でロースティ。

コーヒーは体質であまり飲めないからギネスで満たすか。なんて。

ビルも猫も犬も人も寝静まる真夜中に、ひっそりと飲むこんな上質ビール。いやBEER。

良い夢見ます♪

3月30日

キリンもグリーンが奇麗な「一番搾り 小麦のうまみ」

枝豆といえば夏ですね。

はやく夏こないかな。

 

ビールは飲むだけじゃなくて描くのも楽しいと気がつく春の初め。

3月29日

桜色のアサヒビール。

この時期は限定パッケージも華やかで。

ぼちぼち花見ですね。

3月28日

YEBISUビールってビール好きな人ならまず贈っても嫌がられないだろうと思う。

ビールの好みはうるさいひとも多そうだけどYEBISU出しとけば黙って飲んでいてくれるだろう。喜んで。

とは自分の事。

あ、ビールの好みはうるさくないです。

あの第三というやつ以外は。あれは添加物やリキュールなどふんだんに添加した全くの別物。

大根赤く塗ってこれおっきな人参だよ。

ってくらい不自然です。

 

今夜もYEBISUビール冷えてます♪

3月27日

ビールを直接瓶で飲むのが好きだ。

なので瓶の中身が終わったら缶ビールを開けて瓶に注ぐ。

意外に簡単に注げるのでね。

いいよねらっぱのみ。 


もらいもののBassとというビール。

ラベルのデザインもいい感じ。

大事ですねラベルってね。

3月26日

土に帰ってほしいと庭に埋めた野良猫ボっちゃん。そのボっちゃんが抱えるように桜の木の苗を植えたのです。

4年も経つけど、今までも毎年花は咲かなかった。。。

葉は沢山茂るけど。

今年も葉のつぼみばっかりだなとあきらめてたけど、しばらく経つと花のつぼみがある事が!

今年も咲かないと思っていたのでとても嬉しい!

やっとボっちゃんも成仏できたのだろうか。

 咲いたとはいってもまだ数輪だけど今年の花見は庭でボっちゃん桜で決まりだね。

これからもずっとボっちゃんの世話ができるのがとても嬉しい。

 


3月25日

お互いに伝え合う本音というのも大事だと思うけど、自分の中の自分に対する本音。というのはもっと大事だなと思う。

自分の気持ちが今どんな状態か、自分が今している事は楽しい事か辛い事か不安な事か。

自分の感情を知るという事は皮膚の「痛み」を知る。という事と同じだと思う。

皮膚も心も感覚を感じるのはとても大事な事。

常に自分の心がどんな感覚なのかを知るのは自分との大事なコミュニケーション。

自分とのコミュニケーションと他人とのコミュニケーションは同じ行動をするようです。我々人間はね。




3月24日

以前は人との会話で本音をぶつけられるのに脅えていたと思う。

相手が本音を言うと自分が傷つく。

そんなイメージを持っていた。

今は自分が傷ついても建前なんかじゃなくて本音で言ってもらったほうがなんだかすっきりする。そんな感覚がある。

自分が本音で生きれば、本音で生きてる人が現れる。

それが宇宙の法則だね。



 

 

 


3月23日

おにぎりくん空を飛ぶ。

ま、口には出さないけどさ。



 

 

 


3月22日

ま〜わる〜、ま〜わる〜よ〜、せかい〜は、まわる〜♪



 

 

 


3月21日

そうね、やっぱりそこが問題だったよね。

そうじゃないかとは思っていたけど。

こつこつ、こつこつ辿ってみるか。



 

 

 


3月20日

第2ターミナルの展望デッキへ向かう

途中のレストランは高台から滑走路が目の前に見え、晴れの日はとても気持ちがいい。

ここでビールを飲みながら飛行機を眺めるなんて最高の贅沢ですね。

おーい飛行機。



 

 

 


3月19日

京急の羽田空港国内線ターミナル駅。

降りたホームでこの看板を見つけるとなんだかわくわくする。

第2ターミナルが好き。



 

 

 


3月18日

ニューバランスの576

履きやすさならZX500よりこれかも。


 

 

 


3月17日

もう一度太陽の塔。

下から見上げるとこんな感じらしい。

良いね。


 

 

 


3月16日

太郎の太陽の塔は一度は見てみたい。


 

 

 


3月15日

久保田という日本酒を頂く。

冬でもきーんと冷やがいいね。


 

 

 


3月14日

コジコジだよ。意味はないよ。

目の前にコミックがあったから。

 

 

 


3月13日

ボっちゃん。我が家にやってきて去っていった野良猫ボス。

 

 

 


3月12日

サンシモンというちぎれてもやたら再生する植物。

家にもいっぱい。

 

 

 


3月11日

この日はボっちゃんが死んだ日。


我家に迷い込み、いつの間にか住み着いた野良猫ボス♂(年齢不詳)

そしてこのボスにめろめろになっていく私たちフリーランス夫婦。

そして先住猫うみ♀(8歳)、先住猫たま♂((1歳)と4ヶ月一緒に暮らし、短い人(猫)生を終え土へ還ったボっちゃんとの日々の写真の記録。

 

・野良猫ボスの日々の日記 

BCCKS『ボっちゃん上下巻』

『ボっちゃん上』

『ボっちゃん下』

 

 

 


3月10日

去年初めて踏み込んだトマトジュース道。

トマトは無類に好きだけどジュースは…。って人とても多いと思う。

自分もそうだった。

しかし去年出会ったカゴメのトマトジュースPREMIUMはトマトジュースの常識を覆すおいしさ。

ほんとに自然の甘さのトマトを食べてるようなおいしさ。さわやかすっきり。

期間限定で買えない冬はちょっと高いけど缶でしのぐ。

缶にはPREMIUMの文字ない。

けどおいしい。

これでスープを作ってもそらおいしい。

おいしくて恋しそうだ。

LOVE★TOMATO




3月9日

これは寿司です。

トロです。

食べたいです。




3月8日

adidas ZX500というスニーカー。

ZXシリーズはどれも秀逸だけど、自分はこの500が一番履きやすくてお気に入り。

良い靴です。

昔はむやみにスニーカーを買いあさったけど、今は本当に履きたい靴だけ買いたいと思う。




3月7日

日本の職人技で作られたバーバリーのトレンチコート。

こんな服を着ていつか娘と銀座あたりで待ち合わせでもしてみたい。

な。



3月6日

「あら〜奥様ったら」

この風貌からは言わないような台詞を言わせてみる。



3月5日

雑誌で見かけた松任谷正隆さん。

肩からセーターをかけて黒いジーンズに白いシャツ。

さわやかだけどこの方はいつもすごく芯の強さを感じる。

芯の強さ。と口に出して言ってみた。


3月4日

夢の中の自分は腹筋が沢山割れていた!

夢の中では…。

現実と夢。


3月3日

くじらが見た飛行機雲。


3月2日

いつか乗りたい787。


3月1日

「流星ワゴン」おもしろい。

今日は何話目かな。

ダブルフェイス特需に乗った配役と思ってちょっとさめて見てたけど、西島さんを完全に喰ってしまった香川さんの演技。とってもいい。

よだれまみれのあの演技はアドリブだろうか。

あともう一つ面白いドラマが「ゴーストライター」中谷美紀演ずる大御所作家のゴーストをやるはめになった水川あさみ。出版界はこのままの裏側じゃないと思うけど、少しは出版に関わる者として興味深く見てる。

大御所作家ってあんな気取ってるのか?

笑っちゃうけど面白い。

2月28日

子供の頃はそりゃ熱狂的にピンクレディー一色で、毎日踊りまくっていた。あのパワーは異常だった。

そしてそんなパワープレイのピンクレディーをみた後だと、キャンディーズはどこか物足りないと思ってた。

でも大人になってキャンディーズみるとなんだこの美貌は!これが昭和か?!今でも十分通じるアイドルっぷりだぞ。

ほんとかわいい、ほんとかわいい。

スーちゃんは亡くなってしまったし、ランちゃんは豊水谷とリアル相棒だし、で、ミキちゃんはどうしたんだろうか。このかわいさ、きっとこの美貌で大人な雑誌のモデルでもしてるのかな。

暑中お見舞い申し上げます。

2月27日

4月に東海地震発生の信憑性のある予言があるの聞いてちょっとびびってる。。。

自分だけなら、もしくは夫婦だけならしかたがないって思うけど、海ちゃんが産まれた今、娘に危険を与えたくないというのと、もし自分か娘が死んでしまって話ができなくなったらすごく嫌だなって思った。

自分が自分の子供と話せる日が来るなんて夢にも思ってなかったけど、目の前に娘が居るとひゃー、もう絶対話したい。そう思う。

娘と話したいという話でした。

地震あっちいけ。

 

2月26日

子供の頃はジャンプなんて買ってもらったら同じ号を1年は読み返すほどそれはそれはなかなか買ってもらえない貴重なものだった。

友達の家に行ってジャンプがずらっと並んでいるともう羨ましさを通り越して絶望な気持ちに。笑

 そして当然の用に紙に模写をするのだけどキン肉マンの顔だけは今でも何となく描ける。

ミートくんは見て描きましたとさ。

 

2月25日

注ぎだけで作られるラテアート。

これを完璧に作るには完璧なエスプレッソと完璧なシルキーなミルクが必要と。

この分野で世界チャンピオンになった澤田洋史さん。

東京に数点「STREAMER COFFEE COMPANY」を展開しそこでこのラテが飲めるそう。

コーヒーは体質的にそんなに飲めないけど、一度は飲んでみたい。いや見てみたい。

澤田さんいわく彼のラテアートはスケボーやスノボーと同じようにエクストリームだと言う。

ぎりぎりのふちまで注がれたラテにみんなゾクゾクしてほしいと。


 

2月24日

春を待つ。

シチコクヤマ。

 

2月23日

ゼブラ。美しい名前。

こんな美しい動物たちも自然では食うか食われるかの生き方をしているんだな。

けど人間が悪さでもしないかぎり彼らは彼らだけの生態系なら決して地球を壊さない。傷つけない。

なぜなら彼らは地球の一部だと思うから。

人間はもう地球の一部ではなくなってきてる気がする。

彼らが人間に脅えずに生きていかれますように。



2月22日

ライオンのたてがみって本当に美しい。

いつまでもこの地球上にいてほしい。

ほかのどんな動物だってね。

そして真夜中に道の真ん中でライオンに会ったら「どこに行くんだ?」って聞かれると思うから「ヤシの木を見に行く」って答えるね。

そりゃそうさ。

お世辞じゃなくてさ。

いつか会いたい。

 

2月21日

私は20代終わり頃まで携帯をもっていなく、当時はレース活動に大金が必要なのでそんなもの持つ訳にはいかなかった。

最後のレースが2000年の筑波エリア選手権GP250クラス。

苦労して国際ライセンスを取得した翌年。もう体も心もお金も限界だった。

そのレースには家族や知り合いがこぞって応援に来てくれる事になり、サーキットで連絡を取るために初めて持ったのを思い出した。

それからずっとauを使う。

当時はIDOだったかな。

そしてこのiidaのG11は未だに現役。

98%は家に居る自分にはスマートフォンはまだまだ必要ない。といいながら、持ってたら外でもネット依存しそうで。

                                       が本音かな。


2月20日

これはcanonの単焦点28mm f1.8というレンズ。

広角ですね。

明るいし画角の広さも使いやすい。

普段はsigma 50mm f1.4というレンズを使うけど、画角が狭いのでこのレンズとの使い分けでほぼ撮りたいものはカバーできる。

撮るのはうみちゃんばかり。


2月19日

ふ、ふ、ふ、ふくろうさん。

2月18日

シシャパンマ

標高8,027mで世界第14位。


・シシャパンマとはチベット語で「牛も羊も死に絶えて、麦も枯れる地方」の意味。全部で14座ある8,000mの中で、完全に中国領内(チベット)にある唯一の山である。また8,000mの中で、世界で最後に登頂された山である。なお標高に関しは8012m、または8013mとする資料もある。

wikipediaより。

2月17日

いつかヒマラヤ山脈が目の前に見えるところまで行ってみたい。

カトマンズあたりに。

目の前でヒマラヤ山脈と満天の星空を見て。

いえ、のぼらないですよ。


2月16日

銀座という街が好きだ。

一人で日の暮れた冬の銀座の街を歩くと、なぜか深い自然の中を歩いているような気持ちになる。

キラキラネオンが光っても、異国な人々が行き交っても、そこは奥深い森の中。

少し外れた路地を歩くともっと気分は落ち着く。

画廊探しにも苦労しない街。

ふとショーウインドウから見えた作品に足を止め、ふらっと入る。

絵の仕事をしていて、気兼ねなく画廊に入れる価値観が備わったのはとても嬉しい事のひとつ。

アートに垣根はない。

そして財布にお金はない。

ないという事はある。という事でもある。


2月15日

真っ白い雪が大好きだ。

ただ見てるだけで良いのです。

見てるだけで。

真夜中の森の奥が気になります。





2月14日

今年は一つだけもらいました。

奥様でもなく、母でもなく姉でもなく友達でもなく。。

頂いたのは奥様のお母さんから。

われわれ夫婦は二人で結婚記念日忘れたり、記念日やイベントにはめっぽううとくて、お互いイベントいらないよね。ふうな空気が流れる我が家ですが、やはりこうしてもらえるのは嬉しい限りです。

うれしいです♪

 


2月13日

震災の影響で北海道の帯広に引っ越した友人の奥様が送ってくれた北海道の写真。

絵にするのがもったいないくらいな新雪の風景。

雪は心を洗うと思う。

そうだね。

 













2月12日

わたしはエネループが大好きです。
理由は色々あると思うけど、まず手に持った質感、重さ。

それは乾電池と同じだと思うけど、頭には充電式。という子供心をこれでもかとくすぐるこの一言がびびーっとくる。

違いますねえ。

そしてなんといってもこのデザイン。

たたずまいが見ていて飽きる事がありません。

家では4、50本稼働しています。

がもう買いません。

だってパナソニックのロゴに押しやられたエネループのロゴが切なくて…。

ジャイアンに空き地を取られたような心境に。

またこのデザインに戻るのを楽しみにしよう。

 


2月11日

ヒマラヤ登山や雪山で使われる調理器具のJETBOIL

たたずまいがもうかっこいい、ヒマラヤに行った気分で家でこれでフリーズドライの食料でも食べてみたい。

ヒマラヤの標高8000mでは瞬時に体の水分が奪われるらしく大量の給水をしなければならない。

雪はいくらでもあるが溶かさないとのめないよね。

極寒の地。

ねえ、なんで山に行くの?

 


2月10日

先日友人がうずらの有精卵からふ化させて驚いたところ。

とってもかわいい。

うずらちゃん。

なんとなくうずらちゃん。

 


2月9日

おむつなし育児を実践研究するじねん堂さんまで講座を受けに。

おむつなし育児とはおむつをしない。

ではなく、おむつをしながらも排泄をしたがる様子をくみとって兆候があればオマルに座らせてあげる。

慣れるとおむつをするより楽らしいし、第一おむつとは大人の都合でむりやり子供につけるもの。いやつけさせて頂いているもの。

とおっしゃっていた。

ましてや紙おむつは石油製品。なるべくならつけてあげたくない。

とおもった直後、うみちゃんはおまるで成功する。

親孝行ありがとう。

ほーほけきょ。

 


2月8日

わたしがインドカレーを作るときはたいていこの方々。

スパイスはそれぞれ効能があってどれも薬膳的意味が。

クミンとコリアンダーは食欲増進と消化の促進など、ターメリックは言わずと知れたウコン。肝機能に。

カルダモンは脂肪を取ったり強い香りの食べ物の口臭を防ぐのだとか。

クローブは和名で丁子と呼ばれ漢方としても使われる。胃腸の消化を助けたり体を温めたり。

シナモン鎮静作用や強壮効果、殺菌効果、解熱効果風邪の緩和にも。

そしてチリは適量だと胃壁の保護作用があるよう。

カレーは薬です。

 


2月7日

娘も産まれてもう2ヶ月。

とても早く時間が過ぎていく。

毎日すくすく育って、変な声をあげたり、吸い込まれそうなキラキラした目をこちらに向けてみたりと大人は射止められてばっかり。

そんな娘がに初めて買ってあげた遊び道具はOlle EksellのinMotionというDVD。

スゥエーデンデザインの第一人者のオーレの楽しいドローイングが音楽に合わせて流れてくる。

まだ見せても娘は何も理解できないので今は大人が楽しもう。

そう楽しもう。

 


2月6日

わたしは炭酸水が好きだ。

言葉では表せないくらい。

しゅわーっと体をかけめぐるあの泡の衝撃。

一瞬で体がよみがえるあの感覚。

ちょっとした事件です。

ねえさん事件です。

今日も明日も炭酸水。

きみもぼくも炭酸水。

さあ。

 


2月5日

私の仕事で使っているMacは2009年モデルのiMac。

スノーレパードさんは最近はスリープしてもすぐ起きたりボケもちょっとはじまったりsafariがあちこち対応しなくなったり。

ご飯を食べさせたのに、ご飯はまだ?と聞いてきたり…。

思い切ってマウンテンさんにアップグレードしたものの今度は肝心なタブレットが言う事を聞いてくれない。

なのでやっぱりおじいちゃん、いやスノレパさんに戻そうと思う。

なじみが一番良い。というお話。

でもない。


2月4

猫ボランティアさんたちの手伝いをしていただけなのに、デザイナーの坂川栄治さんに絵を見てもらえるという幸運が訪れる。


「は?」

「え?」


坂川さんも僕もびっくりなつながりで、事務所までお伺いさせていただき、沢山イラストについて教えてもらい、美味しいご飯までごちそうになってしまった。というお話。

2月3

今日は家族で歩いてすぐのなじみのイタリア〜ンで昼食。

ピッツァマルゲリータをぱくぱくと。

ここはアイスティーが飲み放題で沢山飲んでしまう。

そして妻さんと今日は心のことについて話がはずむ。

うみちゃんはどこまでも眠り深く、テーブルでは談義が続く。

お会計2,230円也


2月2

後藤さんの事件はどこかできっとうまく解決する。と楽観していた。

テレビやネットで見る、知る、後藤さんの目はどこまでも澄んでいて、ああ、こういう未来を背負っていけそうな目を持った人がまだこの日本にも居たんだな。と自分にはそう思えた。

今回の結末はとてもショックで同じ日本人という繋がりしかないけれど、喪失感が大きい。

事件の結末、いや始まりの朝の澄んだ海には、大きなタンカーが水平線に浮かんでいた。

空はどこまでも青い。


2月1

山の雑誌におしゃれなkarrimorのカタログが。

そのある一ページ。

 

 

 










1月31

アウトドアブランドのKarrimor

タウンユースの商品も多く何度かお世話に。

そしてプロが使うザックなどはかなり優秀らしい。

本で見ただけだけどね。

相変わらず我が家では登山は部屋で行われています。

 

 

 





1月30日

宇宙をテーマにした映画と言えば「2001年宇宙の旅」が有名だけど、自分には前衛すぎてあまり入り込めなかった。

「ゼロ・グラビティ」は宇宙娯楽映画というところかな。

まぁまわって、まわってまわりまくる映像に酔いやすい人は辛かったのでは。

さすが21世紀の映像と思える内容でぐわーんと宇宙に行った気分に。

サンドラブロック演ずるライアンの、映画終盤にラジオから聞こえる犬の泣きまねのシーンが印象的だった。

何度も観るよ。



1月29日

育児で覚えた事の中でうれしかった事の一つに、きちんと出汁をとるという事を習慣にできた事。

中でも里芋の煮物はきちんと作るとこの上ないごちそうに。

ひたひたの出汁に浮かべたこの芋自体にどれくらいの味を付けたいか。

日本料理の重鎮小山裕久さんのその言葉で覚えた味加減。

芋をごく弱火ででことこと煮込む。

ねっとりしっとりと、うまみ醤油と出汁の風味。

至福です。



1月28日

浅草の老舗ブランドのかね惣野包丁。

料理家のケンタロウも愛用とのこと。

鋭利な刃付けがすばらしいけれど、結局切れなくなったときにどこで誰が研ぐか。

それが大事だと痛感。

以前自治体の研ぎサービスに出したら機械でぐわーんっと削られて刃の形が変わってしまった。がーん。

まだ自分で研いだ方がよかったな。

それとまな板は檜が一番。

我が家では30mm厚で40cmほどのまな板を使う。

とてもいい香り。

1月27日

そのパタゴニアが海外の過激動物愛護団体へ献金をしている。という記事を見る。捕鯨に激しく反対する団体ですね。日本は捕鯨調査で1000頭近く毎年調査のため捕鯨してると読んだけど、殺さないと調査できないのだろうか。。。

ともかくとても質の良いウエアをリリースし続ける老舗ブランド。

産業に組み込まれるとなかなかクリーンにはできないと思うけど、安心できるブランドであってほしい。


1月26日

ダウン大国の日本。

輸入されるほとんどのダウン素材は過酷なライブピッキングと言われる、生きたまま羽を抜かれ採取された素材と聞く。

本当なら相当な虐待だと思う。

パタゴニアはと殺された水鳥の羽しか使わない。

と宣言されていた。

せめてダウンを買うならそういうものにしたいけど、屠殺される。という事実も忘れたくない。


1月25日

フィリックスくんガムの謎。

1月24日

お気に入りのカメラ。写真の解増感は最高だけど、高倉健さんばりの不器用さ。描かれた絵も不器用さ満点。SIGMA DP2

1月23日

愛用のcintiq。パレットは右配置。

1月22日

伊豆を待ってます。

1月21日

和紙の柄を見ながら。途中までは良かったのだけど…。

1月20日

遊びの時間は終わりだ。

1月19日

夏よこい。

1月18日

寄道。

1月17日

猫とねことネコ。ぜんぶ海。

1月16日

真夜中だろうとね。

1月15日

とれたてほっぷ。な至福。

1月14日

のんびりはな(犬)

1月13日

いちおうチャーハン。

1月12日

竹内洋岳さん、8000m全山登頂最後のダウラギリ登山。

1月11日

スピード感及び疾走感ゼロ。

1月10日

1年前だったかな。

1月9日

わたしは月です。

1月8日

はかどってるね。

1月7日

深夜放送。

1月6日

右から2番目でお願いします。

1月5日

探し物はなんですか。

1月4日

あと少しだったと思う。

1月3日

ひつじさんの今年の目標。

1月2日

昨日お伝えした通りです。

1月1日

明日には行けると思います。

寿

おとうさん、おかあさんなの。

新年のご挨拶

さてさて、サティ。

ビール飲み過ぎの至福なお正月のぽかぽかな昼間のこと。

なんとなく目の前にあった日めくりカレンダー。

ガス屋さんから毎年届くのですが、これ要らないよな。といつも捨てていた。

捨てるくらいなら裏に絵でも描いて紙の節約でもしよう。

なんて軽い気持ちで描き始めたのだが、だが、捨てるくらいと気軽に描こうと

思ったら、なんだか習慣になってきて、いっちょ毎日続けてみようかな。

と、続けてみると大変なことに気がついた。

毎日続けるなら一枚も捨てること無く並べたい。

そうなるとあれ?これ予備の紙無いし失敗できないじゃん!

と気持ちを引き締めて、引き締めながらもま、適当でいいし。

と適当に緩く描いています。

いつまで続くのか見て頂けたら幸いです。


                             宍戸竜二